はらっぱの活動

舞台鑑賞

  • 未就園児
  • 幼保育園児
  • 小学生
  • 中高青
  • おとな
拍手する観客

地域の子ども・おとなに向けて、プロの舞台芸術作品を鑑賞する機会を作る事業です。

「舞台鑑賞」について

年間6作品以上を企画し、地域の会場で子どもたち・おとなたちに提供しています。

大きな舞台作品からワークショップ、演劇・マジックショーまで、さまざまな作品をラインナップ。本格的なプロの作品をおやこで観ることができます。

小さなお子さんの観賞もスタッフがサポート。子どもたちがはじめて芸術に触れる「アート・スタート」の場としても最適です。もちろん、おとなだけ・中高生だけの参加も大歓迎です!

参加するには?

「はらっぱ」が主催する公演は年間6作品。南海沿線のおやこ劇場による合同観賞作品や、共催する「子どもえんげき祭 in きしわだ」の作品もあります。

はらっぱの「観賞会員」として観る

  • 企画作品から年間4つまで選んで観ることができます。
  • 選択した作品のチケットは、はらっぱの機関紙といっしょにお届けします。

チケットを買って観る

  • 気になる作品を選んで、個別にチケットを買うこともできます。会員でなくてもOK!

2021年度の作品

会員外の方でもご参加いただけます。チケットのお買い求め・お問い合わせは、子どもNPOはらっぱ事務局まで。

はらっぱの「鑑賞」にかける思い

「舞台鑑賞事業」は、子どもNPOはらっぱが、前身の「阪南岬おやこ劇場」だった1985年から30年以上継続してきた事業です。プロの舞台芸術に触れるだけでなく、事前準備や当日の運営をはじめ、多くの場面で子どもたちが関わり、お当番を体験する特別な時間になっています。

その日をわくわく心待ちにし、自分の手で関り、目で見て心で体感する舞台鑑賞。「見えないものを見る、感じる」力を育み、子どもたちの「感性の輝き」をおやこで体感できる大切な時間として、丁寧に取り組んでいきます。

これからもたくさんの素晴らしい作品が子どもたちの心に届くことを願っています。

ギャラリー

乳幼児のアートスタートに。ワークショップもあります。
舞台をみるときの「お約束」を確認するのも、こどもたちの役目
小さいこどもたちも安心してみられるよう、スタッフがサポートしています
ブログでも、鑑賞事業に関する記事を掲載しています。
このページは2020/4/5に更新しました。

この取り組みの開催予定

  • 舞台鑑賞
2022.9.25 (日) 13:30 - 15:00
人形劇団ひとみ座『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』
阪南市立文化センター サラダホール大ホール
  • 舞台鑑賞
2022.10.25 (火) 10:30 - 11:00
民俗芸能アンサンブル若駒『はる なつ あき ふゆ あそぼあそぼ』
  • 舞台鑑賞
2022.11.5 (土) 18:00 - 19:10
だるま食堂『だるま食堂のコントのコ』
エブノ泉の森ホール
  • 舞台鑑賞
2022.11.20 (日) 14:00 - 15:00
民俗芸能アンサンブル若駒『でべそ版ずっこけ狂言 ぼんさん・ぼんさんギンナンパー』
地域交流館体育施設
  • 舞台鑑賞
2023.2.23 (木) 13:30 - 2.23 (水) 14:45
マーガレット一家『笑劇☆紙芝居 しばい・その1』
阪南市立文化センター サラダホール小ホール