はらっぱの活動

ファミリー・サポート・センター

  • 未就園児
  • 幼保育園児
  • 小学生
  • おとな
ファミリー・サポート・センター、リトルはらっぱの看板

子どもを「預かってほしい人」「預かることのできる人」を結ぶ有料サポートを提供する事業です。

  • 祖父母も働いているので、子どもを預けられない。
  • 急な残業のときに、誰かに保育施設に迎えに行ってほしい。
  • たまには美容院に行ってリフレッシュしたい。

ファミリー・サポート・センター(ファミサポ)では、こんな悩みをお持ちの方に、地域の中で人と人をつなぐことで手助けをしています。

ファミリー・サポート・センター事務室
本事業は、阪南市からの委託を受けて実施しています。阪南市公式ウェブサイトもごらんください。

利用会員になる

おおむね3カ月~12歳までの子どもをお持ちの方で、サポートを受けたい方が「利用会員」になることができます。

  • 保育施設や幼稚園の送迎、時間外や放課後などの預かり
  • 保護者の外出時の預かり、病気・冠婚葬祭などでの預かり

こんな「いいこと」があります

  • 残業や出張でも預かってもらえ、安心して仕事ができます
  • 地域の方とのふれあい、サポートが受けられます
  • 育児疲れが出ても、リフレッシュできます

利用のながれ

  1. センターへの会員登録をしたあと、協力会員の紹介を申込みます。
  2. ペアリングのあと、センターから協力会員に援助の打診を行います。
  3. 事前に打ち合わせ・依頼をし、援助活動を実施します。

協力会員になる

養成講座を受講することで、子どもを預かる「協力会員」になることができます。

こんな「いいこと」があります

  • かかわる子どもの成長が見られます
  • 生活にはりあいが出てきます

交流会

ファミサポの『交流会』では、ふだんゆっくり話せない「協力会員」と「利用会員」が交流できる機会として、年に2〜3回程度、モノづくりやお楽しみ会を企画しています。

お問い合わせ・所在地

「阪南市子育て総合支援センター」内のファミサポ事務室では、スタッフが相談を受け付けています。未就学児童のための居場所「リトル☆はらっぱ(つどいの広場)」も併設しています。

「お問い合わせ」ページの「ファミリー・サポート・センター」をごらんください。
ブログでは、「ファミリー・サポート・センター」に関する記事を掲載しています。
このページは2020/4/8に更新しました。